AEPとは
■ お知らせ
ダウンズ タウン ・プロジェクト
WORKS
アトリエ
会員募集
よしこBLOG  ・  サクマBLOG

スタッフ
お問い合わせ

「楽園としての芸術」展 Art as a Haven of Happiness

2014年7月26日(土)~10月8日(水) / 東京都美術館 ギャラリーA・B・C

三重と東京に拠点をもつ「アトリエ・エレマン・プレザン」と鹿児島の「しょうぶ学園」では、ダウン症など障害をもつ人々により、豊かな感性と知性の発露を感じさせる造形作品が日々生み出されています。

ちいさな宝石のような色彩が躍動する世界は、「幸福」や「調和」といった言葉の響きが似つかわしい、祝祭的な輝きに満ちています。 何の気負いもなく、息をするように作品を生み出す彼らの姿は、「真の自由」のあり方を感じさせるものであり、奥深い造形の魅力は、障害という定義の再考を促すものであるでしょう。

このたびは、普段アトリエのスタッフしか目にすることのない、制作のプロセスをもご覧いただき、人の営みにおける「芸術の意味と可能性」をあらためて問う場にしたいと考えています。(出品予定点数:約100点)

会期/2014年7月26日(土)~10月8日(水)
会場 /ギャラリーA・B・C
休室日/月曜日、9月16日(火)  ※9月15日(月)、9月22日(月)は開室
開室時間/9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)
夜間開室/特別展開催中の金曜日と8月12日(火)~8月17日(日)は9:30~21:00 (入室は閉室の30分前まで)
観覧料/一般 800円 / 団体(20名以上) 600円 / 65歳以上 500円 / 学生 400円 / 高校生以下無料

※それぞれ2回入場可(1枚のチケットでお一人様2回まで)


特設WEBサイト/http://havenofhappiness.tobikan.jp/

東京都美術館HPより抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

©ATELIER ELEMENT PRESENT All rights reserved.

 

 

CADRE